サイトメニュー

永久脱毛について 

永久脱毛の効果がある脱毛 美容電気脱毛が永久脱毛になる理由 電気脱毛って? 医療レーザー脱毛のメリット 医療レーザー脱毛のデメリット 美容電気脱毛のメリット 電気脱毛のデメリット まとめ

 

そもそも永久脱毛とは


脱毛サロンで行う脱毛は抑毛効果のある脱毛と言われますが、医療クリニックで行う脱毛は永久脱毛と言われてます。

 

しかし、勘違いしてる人が多いんですが、医療レーザー脱毛がよく言う永久脱毛は一生毛が生えてこない脱毛方法じゃありません!!!

 

レーザー脱毛での永久脱毛の考え方は日本にはまだ定義がなく、海外の定義は脱毛が完了してから1ヶ月後の毛の再生率が20%であれば永久脱毛であると言われています。そして、終了から半年経った段階で、毛の再生が無かったら初めて永久脱毛であるという解釈をするのが今は一般的です。

 

つまりはある程度の毛は完全に処理できてるけど、多少毛がまだ生えてくるところがある状況がが永久脱毛です。簡単に言えば、高い減毛率を長時間維持する事ができる脱毛方法だと思ってください。その為、日本の医療クリニックで使うレーザー脱毛は永久減毛って言われています。

 

永久脱毛の効果がある脱毛


永久脱毛という言葉がそもそも存在しないわけではなく、本来の永久的に生えてこないって言われてる脱毛方法もあります。それが美容電気脱毛です。

 

医療脱毛も実は永久脱毛とは言わないので実際永久脱毛ができるのはこの美容電気脱毛だけだと言えます。ただ、生えてこなくなるということはないですが、確実に脱毛サロンの脱毛よりは出力や効果は高いので毛の再生をかなり減らすことはできます。では、なぜ光脱毛や医療レーザー脱毛が再生の可能性があるかというと、それは毛を作り出す毛乳頭が残ったままだからです。

 

毛乳頭は光脱毛や医療レーザー脱毛では完全に破壊する事はできず、機能を低下させることしかできないんです。

 

美容電気脱毛が永久脱毛になる理由


美容電気脱毛はニードル脱毛とも言われますが、この脱毛方法が唯一永久脱毛する事ができる理由は毛乳頭を直接破壊するからです。毛は毛乳頭の毛母細胞が残ってる限りは毛周期を繰り返します。

 

美容電気脱毛はそんな毛乳頭に直接細い針を刺して微弱な電気を流すことで毛乳頭を破壊するので毛が再生する力を無くすことができるんです。その為、一度施術を行った箇所からは二度と毛は生えてこなくなるんです。

 

この美容電気脱毛で毛乳頭を破壊する事ができるのは、成長期の毛に対してだけです。そこは光脱毛や医療レーザー脱毛と同じですね。しかし、美容電気脱毛は伸ばした状態でないと施術ができないという点で違いがあります。これはなぜかというと針を刺す時に毛の生えてる方向に合わせて入れないといけないからです。その理由は毛の向きと違う方向から入れてしまうと、激痛を起こしてしまう事と、毛根まで針を入れる事ができなくなるからなんです。なので他の脱毛と違い、施術時には毛を伸ばしておかないといけません。

 

美容電気脱毛って?


別名ニードル脱毛や針脱毛、絶縁針脱毛とも言われていて、毛穴に細いニードル(プローブと言われてる針の事)を1本1本刺していき、処理をしていく脱毛方法です。刺したら毛穴に長くて20秒ほど直接電気又は、高周波を流して毛根や毛乳頭を破壊していきます。破壊された箇所は機能を失うので二度と生えてこなくなります。

 

医療で行う時は特殊なコーティングを施していて、エステで使用する物はアレルギーの事を考えてチタンやゴールドで加工された針を使用しています。針は基本使い捨ての為衛生面の心配はありません。

 

この電気脱毛には大きく分けて3つの種類があります。

 

・電気分解法
毛穴の奥で水酸化ナトリウムを発生させ、電気分解させることによって発生するアルカリの効果で脱毛していく方法です。3つある種類の中では一番時間がかかる脱毛方法になります。

 

・フラッシュ法
光脱毛の事をフラッシュ脱毛とも言ったりしますが、それとは関係なく、毛穴の奥で高周波を発生させて、その時の熱で毛母細胞を焼いて破壊する方法です。

 

脱毛時間はそこまでかからないですが、3つの方法の中では脱毛の力が弱いです。

 

・ブレンド法
上記で上げた電気分解法とフラッシュ法の両方の技術を合わせた脱毛方法で、アルカリと熱の反応を使って毛穴や毛母細胞を破壊していく方法です。

 

脱毛効果がかなり高く、脱毛時間もそこまでかからない事から今これを扱うサロンでは一番オーソドックスな方法です。

 

医療レーザー脱毛のメリット

短期間で終わる

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いは国に認められてるかどうかです。

 

国に認められてる医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて効果が高く、通常光脱毛で2年ほどかかる脱毛を1年ちょっとで終わらせることができます。さらに回数も光脱毛が12回脱毛して始めて効果が高く出るのに対して、医療レーザー脱毛は8回ほどで効果を実感することができます。

美肌効果

レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応する脱毛なので肌の黒ずみ、色素沈着を薄くする効果があります。さらに適度に刺激されるので肌が引き締められ、毛穴が目立たなくなるなどの美肌効果もあります。

痛みが少ない

サロンの光脱毛は出力自体がレーザー脱毛に比べて低いので痛みを感じにくいとはいえ、それでも皮膚が薄い箇所の脱毛はそれなりに痛みがあります。しかし、レーザー脱毛は痛みが強いと医療で脱毛をしてるので麻酔をしてくれます。そうする事で、全く痛みを感じることなく脱毛を受ける事ができるので、痛みは感じる事なく脱毛をすることができます。

 

ここは、サロンと医療の違いでもありますが、光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いではないでしょうか。

肌が弱いと注意が必要ですが、医療は安心

最近は肌が弱い人でも脱毛を受ける事ができるようになってきてはいますが、それでも合う合わないはあるので気になる時はスタッフさんや医師に相談するのが良いと思います。

 

医療クリニックは脱毛を受ける場合、最初にある程度の説明等はありますが、脱毛中にもし炎症ややけどが起こってしまった場合、医療機関なのでその場で医師の診察を受ける事ができます。サロンは医療機関ではないのでその場で対応することができず、処置までに時間がかかってしまいますが、医療なら安心ですよね。

 

医療レーザー脱毛のデメリット

施術費用が高い

どの医療脱毛にも言えますが、永久脱毛は1回では完了しません。その為通い続ける必要があります。そうなると問題になるのは費用と時間ですよね。

 

ただ、光脱毛よりは時間はかからないので、回数で言えば8回〜10回で全身キレイに脱毛する事はできます。ただし、最近は費用も少し安くなってきてるとはいえ、光脱毛と違い医療の為、費用が高いことが少しネックになります。

 

美容電気脱毛のメリット

唯一の永久脱毛になる

最初に書きましたが、一番のメリットは永久脱毛になることだと思います。理由は上にも書きましたのでこちらをご覧ください。

レーザー脱毛よりも効果が高い

上記でも書きましたが、今日本で永久脱毛の効果があるのは電気脱毛だけです。電気脱毛は1回1回針を毛穴に刺して処理をするので効果はどの脱毛方法よりも高いです。

 

脱毛全体で言えば一番効果がある脱毛方法かなと思います。

回数が少なく済む

光脱毛もレーザー脱毛も最低でも10回以上は通わないと脱毛効果をしっかり得る事は難しいですが、電気脱毛は1本に対して1回の施術で脱毛が完了するので回数はかなり少なく、処理した箇所はその時点から生えてこなくなります。ただし、クリニックに通わないといけない日数や脱毛期間は毛の生え具合によって変わるので多少変わってきます。

 

電気脱毛のデメリット

痛みが強い

脱毛方法が毛の1本1本に針を刺して電気を流して処理する方法なのでかなり痛みが強いです。レーザー脱毛もそれなりに痛みはありますが、レーザー脱毛の場合は麻酔をしてくれることもあるのである程度我慢はできますが、電気脱毛はそれがないので痛みをそのまま感じます。

 

痛みは、針が刺さった時にするチクッとした痛み、電気が流れた時のバチッとした痛み、皮下の毛乳頭が熱でダメージを受けたことで発生するジワッっとした痛みがあります。

 

痛みは電気が流れた時が一番痛くて、静電気のような痛みが毛穴全体に広がるようなイメージです。処理する箇所が多いとそれが何回も繰り返されるので痛みがかなり強くなります。

施術費用はどの脱毛よりも高い

電気脱毛の料金設定は他の脱毛のような月額制や回数制で決まるわけではありません。さらに他の脱毛に比べて手間がかかります。1本1本処理をしていくので当たり前といえば当たり前ですね。

 

基本は分単位で料金が発生するか、1本120円等の本数制になるので割高になりやすいです。少ない本数を処理しようとするとそこまでかかりませんが、全身をやろうとするとか、広範囲を脱毛しようとすると費用はかなり高くなります。

施術時間がかかる

脱毛の期間は他の脱毛とそこまで変わりませんが、1回の施術は他の脱毛よりもかかります。

 

光脱毛は最近は長くても1時間ちょっと、医療レーザー脱毛は長くても30分かかりますが、電気脱毛は13本くらいを処理するのに1分かかります。例えばそれを260本程度処理しようと思うと、1部位を脱毛するのに40分程度かかることになります。

 

まとめ


永久脱毛が永久でないのは医療レーザー脱毛に関してです。その為、永久脱毛をしようとすると電気脱毛で1本1本処理していくしかありません。ただ、レーザー脱毛でも全く永久脱毛の効果がないのかと言われると、そんなことはありません。

 

ほとんどの場合は、無毛状態を維持できてるので、完全に一生生えてきてほしくない人なら電気脱毛はおすすめしますが、ある程度キレイに処理して、そこまでお金をかけたくないなら医療脱毛でも十分効果があると思います。

 

考え方としては、

 

光脱毛⇒低価格て手軽に脱毛する人向け。永久脱毛にはならないが通い続ければ維持する事はできる。

 

医療レーザー脱毛⇒光脱毛よりは効果が高く、持続性もありますが、完全な永久脱毛にはならない。通う回数を少なくし、高い効果を得たい人向け。

 

電気脱毛⇒永久脱毛になる現在唯一の脱毛。再度通う必要もないので完全に毛が生えてこない状態にできるが、時間と費用が結構かかる。ムダ毛を完全になくしたい人向け。

と思ってもらえばいいかなと思います。