サイトメニュー

知って得する脱毛情報 お手入れ 夏場は気になる海とかプール ホルモンバランス・肌との関係 脱毛サロン前の準備はこれをすれば大丈夫です 保湿は大事 予防接種後は脱毛しちゃダメ! 肌の老化の原因 どの脱毛サロンがいいのか

 

知ってると得する脱毛情報

脱毛サロンをいざ利用しようとすると分からない事が多いと思います。お手入れの事、家でするアフターケアや美容に関する事とかその疑問は尽きません。そんな人の為に、脱毛サロンに関する事も美容に関する事も全てまとめてみました。

 

是非少しでもお役に立てて見て下さい。

 

お手入れ


脱毛施術した後、家でどういうことをすればいいのか、何をしてはいけないのかわからない事があると思うので、まとめてみました。

脱毛当日の入浴はいいの?

サロンで必ずスタッフさんが案内してくれるのは脱毛施術した後のアフターケアです。脱毛する時に肌を冷やしてくれますが、それでも肌にはたくさんの熱をもっていて、敏感になっています。そのまま湯船に入るのは危険なので、施術当日はできれば入浴は避けて下さい。ただ、シャワーを浴びるくらいはしても問題ないので、長い時間シャワーにあたらないようにだけしましょう!

脱毛後の肌の状態は?

施術を受けた後の肌は毛穴が赤みを帯びていたりして熱を持った状態になります。そして、その状態のまま体を温めて汗をかくと、毛穴が広がるので皮膚温があがるので、肌が汚れて刺激されることになります。さらに、血行が良くなり、肌が乾燥をするとかゆみを強く感じるようになります。

 

その為熱いお湯に入るのは避けた方がいいんです。熱いお風呂に入るだけじゃなくて、激しい運動もたくさん汗をかくことになるので避ける必要があります。なので、できるだけ冷たいおしぼり等で肌を鎮静させてあげてください。

シャワーでの洗い方は?

脱毛したら肌は敏感になってるので2〜3日はナイロンタオルとかの刺激性があるもので肌をこすっちゃダメです!脱毛したらお風呂はダメって書きましたけど、シャワーは大丈夫って話もしました。でも、シャワーも結局は肌を温めてしまうことになるのでそれはどうなの?って思う人もいると思います。

 

実は、シャワーは問題なくても熱いお湯でシャワーを使用するのもダメなんです。できるだけぬるいお湯を使って、短時間で終わらせてください。長時間あたるのはシャワーであっても控えて下さい。何日かたって入浴できるようになっても熱いお湯と長湯はできるだけしないようにすることが大事です。そしてシャワー後は冷たいおしぼりで冷やしてあげるといいですよ。

脱毛してから3日くらいはやらない方がいいこと

脱毛してから3日間はお風呂以外にもできればやらない方がいい事があります。それをまとめてみました。

 

・飲酒
・サウナ、岩盤浴、スポーツとかの激しい運動
・肌を乾燥させること
・紫外線を浴びすぎる、日焼けをする
・刺激性のある化粧品の使用
・マッサージ

逆にしてもいいのは肌を清潔に保って保湿を毎日することです。

 

乾燥した肌の状態では自己回復力が弱いんです。脱毛サロンによっては専用のケア用品を教えてくれるところもあるので常に保湿をした方がいいです。それから脱毛直後は日焼けをしてしまうと色素沈着が濃くなってしまうことがあります。外に出る時はクリームを塗るとかして紫外線のダメージを少なくしましょう。

お風呂に入ってもいいのはいつからなの?

お風呂に入れないって話をしましたけど、じゃあいつからなら入ってもいいのかって話ですけど、ほとんどの脱毛サロンは当日だけ避けて下さいって言われるので翌日からは入れます。ただ、元から肌が弱く、赤みが続いてたり、火照ってる感じが続いてるなら落ち着くまでは入らなようにしましょう。

 

それから、翌日でもしばらくは少しぬるめのお湯に入るようにして、少しずつ慣らしていくほうがいいと思います。

当日お風呂に入ると起こるトラブル

肌の赤みがあるとか、火照り以外にも気にしたいのが衛生面の問題です。例えば家族で住んでる時、浴槽のお湯にはかなりの数の雑菌がいる事になります。脱毛後は肌にダメージを与えてるので雑菌をバリアする力が一時的に下がります。なのでそんな時にお風呂に入ると雑菌が毛穴から入ってきてしまって、肌が炎症してしまったりして最悪毛嚢炎になることもあるのでできるだけ当日は避けるって事が大事になります。

 

夏場は気になる海とかプール


肌が敏感になってる時なので刺激を与える事は避ける方がいいです。もしイベントとかで入らないといけないような状況があるのなら、脱毛施術は1カ月前にやっておくのがいいと思います。中には1週間前とかに処理をしに行く人もいるかもしれないですけど、肌の状態によってはあまりお勧めしません。もしそれが難しいなら最低でも3日前に済ませるようにするといいです。

紫外線は気をつけて!

さっきも書きましたけど、脱毛後の肌は色素沈着がしやすくなるので紫外線にあたるのは避けましょう!さらにお肌の乾燥がしやすくなるので肌が炎症を起こしやすくなります。できればあたらない事が一番ですけど、それは難しいと思うのでUVクリームとかを使用して紫外線の刺激をブロックしてあげましょう。

 

ホルモンバランス・肌との関係


女性には必ず毎月生理がありますよね。このホルモンバランスは生理周期に合わせて4つの変化があります。

 

事前にわかってるとトラブルの回避になるだけじゃなく、日常生活でも役に立つので身体の変化を把握しておきましょう。

月経期

基礎体温が下がり、鉄分が不足しがちになります。肌も敏感な状態なので水分補給をしっかりしましょう。

卵胞期期

エストロゲンの分布栂一番多くなる時です。ただ、肌の状態は一番いい時期でもあります。この時期は脱毛するのには一番いい時なのでこの時期に脱毛するのがお勧めです。さらにダイエットや肌の角質ケアなんかにも向いてます。ただ、体温は低い時期なので体を温めてあげましょう。

排卵期

プロゲステロンが分泌される時期でエストロゲンが減少していく時期です。肌にも変化がある時期なので規則正しい生活をすることを心がけて下さい。

黄体期

肌が敏感になる時期になるので基礎代謝も高くなります。その中でもとくに生理前の1週間は一番トラブルが起きやすい時期なので脱毛をこの時期にするならとくに注意が必要になります。この時期は紫外線のケアを入念にしましょう。

生理中や妊娠した時

生理中の脱毛

色んな所でも書いてあると思いますけど、生理中の脱毛は肌が敏感な時期の為、刺激にに弱くなります。生理前1週間と生理中の脱毛はできるだけ避ける事をお勧めします。とくに生理中はほとんどの脱毛サロンで施術ができないと言われると思いますので、予約をとる時は生理が終わる時期に入れるようにするといいと思います。

 

ただ、サロンによってはデリケートゾーン以外の脱毛はできる場所もあるので、それぞれ通ってる又は通おうとしてるサロンがどっちか確認しておくといいと思います。

妊娠中は脱毛はダメ!

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。赤ちゃんへの影響はありませんが、体調が不安定になったりしますし、肌も敏感になったりします。そうなると脱毛による肌トラブルが起こる可能性があるので、脱毛は一時的に中止する事になります。出産後、改めて脱毛したいと思ったら様子をみて再開する事はできますので、スタッフさんと相談してみましょう。

 

脱毛サロン前の準備はこれをすれば大丈夫です

自己処理・肌のお手入れ

脱毛サロンで施術を行うのにはまず、施術する部位のムダ毛を自分で処理していくことが大事です。ただ、間違った処理をしてしまうと、肌にダメージを与えてしまい、逆に脱毛した時に肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

さらに疲れや寝不足も肌には良くないのでこれもトラブルのもとになります。できればセルフケアをしてできるだけ脱毛効果を高めるようにしましょう。

脱毛の基本!自己処理は2、3日前にやる

カミソリで処理をすると少なからず肌はダメージを受けます。それはムダ毛と一緒に外の薄い肌も剃ってしまってるからです。それを最小限にするには、脱毛施術の2日前か3日前に処理するようにしましょう。

 

ただ、カミソリで処理をすると失敗して肌を切ってしまったりもするかもしれないので私のおススメは顔用の電気シェーバーです。普通の電気シェーバーじゃなく、顔用のものを使うのが良いです。顔は肌が薄くて切れやすいのでシェーバーも傷つけないように優しくできているので多少荒く扱ても肌への負担は軽減されます。

 

自己処理をする上では以下の事はやらない方がいいことです。

・カミソリで処理をする
・毛抜きや脱毛テープで抜く
・脱毛クリーム等で溶かす

 

ただ、どうしても届かない箇所に関しては、脱毛サロンで処理してくれるので安心してください。

 

保湿は大事


肌は脱毛後ダメージを受けてる状態になります。その為、乾燥しやすくなってるのでボディクリームとかでしっかり保湿してあげましょう。脱毛サロンでも施術後保湿クリームを塗ってくれますが、脱毛前からしっかり保湿する事も大事なんです。

 

だた、勘違いしやすいのは、肌だけ保湿してればいいって思ってる人が多いんですけど、実は体内の水分も大事なんです。しっかり水分を補給して身体を冷やさないように体調を整える事は大事なんです。

 

予防接種後は脱毛しちゃダメ!


インフルエンザの予防接種等をすることはあると思いますけど、この予防接種をした後は脱毛はしてはいけません。というのは、予防接種とはいえ受けると身体は普段とは異なる健康状態になっているからです。さらに脱毛後に予防接種を受けるのも肌トラブルの原因になるので控えましょう。

 

サロンによって多少異なりますが、大体受けてから10日間は待つように言われます。

 

肌の老化の原因


脱毛後はもちろんですが、日常でもしっかりと肌をケアしてあげないといけないのが紫外線です。紫外線は肌の天敵で、肌を老化させる原因になります。潤いのあるキレイな肌を保つためにも日々の対策はしっかりとやっておきましょう。

肌の老化が起こるのはなぜ?

肌は大きくわけると「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つに分かれています。その中でも角質層は一番上にあって、約28日ではがれて入れ替わります。これがターンオーバーっていうものです。市販されてる化粧品などはこの角質層や表皮に対してケアをしてくれるようにできています。

 

そしてさらにその下にあるのが真皮で、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の成分を作り出す組織芽細胞(せんいがさいぼう)があるんです。この線維芽細胞が活発であればハリや弾力があるみずみずしい肌を保つことができるんです。

 

ただ、この線維芽細胞にダメージを与えてしまうのが紫外線です。この場合はUV-Aという紫外線が原因になります。逆にシミ、そばかす、などの原因はUV-Bというまた少し違った紫外線が主な原因です。なので、過剰に紫外線を浴びると活性酸素が増えて肌が酸化してしまい、線維芽細胞を傷つけてしまうんです。これが肌が老化してしまう原因になります。

 

種類の違う紫外線

・UV-A
2月、3月ごろから増えていき、5月から8月までの夏場がピークになります。その中でももっとも多いのは5月と6月です。逆に冬場はピーク時の半分ほどしかありません。しかし、それでも肌の老化現象の原因にはなるので年間を通して注意が必要です。

 

さらに、時間帯で言えば10時から2時までの昼間のうちが一番多くなります。この時間帯はとくに紫外線から肌を守れるようにしておきましょう。

 

・UV-B
変動はAと似てはいますが、このタイプは5月から8月までが一番ピークです。さらに春から秋にかけては日焼けやシミ、そばかすの原因にもなるので紫外線ケアは怠れません。

 

どの脱毛サロンがいいのか


脱毛サロンもたくさんあるのでどのサロンがいいのかわからないってことあると思います。サロンによって全身脱毛が強いとか、部分脱毛が強いとかあると思いますので、まとめてみようかと思います。

全身脱毛

全身脱毛専門ならコロリーキレイモがお勧めです。コロリーはミュゼ監修の新しい脱毛サロンですし、キレイモは顔脱毛も全身脱毛に含まれるので顔の産毛が気になる方でも利用できます。

部分脱毛

部分脱毛ならミュゼプラチナムがお勧めです。ミュゼはわき脱毛とVライン脱毛がとにかく安いので水着を着る時やノースリーブとかを切るの気に気になる部分だけをまずは脱毛したいっていう時に脱毛サロン初心者にお勧めしたい脱毛サロンです。